Stalking Girl

いけないんだーいけないんだー 廃人って先に言った方が廃人なんだー
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< botんの語 | main | 新たなポケモン >>

近況報告

ここ最近は、金が無い、暑い、テストがある、レポートもある等々、数多くの苦痛を抱えながらなんとか生きている状態が続いているので、そろそろ精神的にも限界に達して来ており、ついには友人を自宅に招いて引き蘢り、一日中ウイイレのみをプレイするという暴挙に出ました。多分15回ぐらい勝って10回くらい負た。

さて、めっきりご無沙汰だったわけですが、実は2010年上半期、何度もこのブログの更新作業を試みはしたものの、怪現象、「ブログを書こうとするとブラウザが落ちる」というホラーに加えて、取得した「面倒なのでまた明日でいいか〜。ポテチボリボリ」というスキルを遺憾なく発揮しまして、先延ばしになった挙げ句、ポケモン自体もめっきりやらなくなってきたので自分でも驚く程このURLにアクセスしていなかったのですが、仮にも管理人なので頑張ってアクセス、更新作業を行っているわけです。嘘です。実はブックマークのクリックミスでこのブログに辿り着きました。

というわけで、せっかくアウトプットがあるので、最近割とハマっているデジカメ写真のアップロードにでも活用出来ないかと思い、せっせと作業を進めていたのですが、写真をアップロードした段になって、ブログシステム様から「お前は有料会員じゃないのでデカいサイズの写真は強制的に最大幅が400ピクセルになるように調整するわ。悔しかったら金払え貧乏学生」みたいなことを言われましたので、サムネイル程度の小ささまで強制的に縮小されてしまった、元高解像度の写真(ネコ)を見つめ、私は5時間程泣き、その後7時間ほど眠りました。それで3秒ぐらいで諦めました。

なので、普通にポケモンとか色々、近況報告をしたいと思います。

大学生の夏休みというのは暇なもので、と言っても、これは大学生全員に当てはまるわけではなく、むしろ大方の大学生の方々は充実した学生生活の延長線上として、充実した夏休みを満喫されることと思いますので、さぞ羨ましいというか恨めしいというか、殺害したいというのはひとまず置いておきますが、兎に角私のような駄目学生ともなると、夏休みは暇であるものです。というわけで、その暇を有効活用して、東京までオフ会へ行くことと相成りました。

そのオフ会ではマルチバトルで他人をボコる会が催されますので、ポケモン育成を行っていたのですが、その前に以前なんかの弾みで作ろうとしていた特殊ルカリオの孵化がまだ終わっていませんでしたので必死でチャリを爆走させ、なんとか孵化を終えました。途中、意味の解らないタイミングで性格がようきの個体が生まれたと思ったら、更に意味の解らないタイミングで都合良く攻撃Vが発生した上、バッチリ素早さ最速も遺伝していたので無駄に物理型の親も誕生したのが収穫でしょうか。その後、何故かギャラドスの孵化に寄り道をすることにもなったのですが、まぁ3日程度で4V(とは言っても一つは下降している特攻なので実質3V)が生まれたので軽く妥協、そこでの副産物を上手く利用してマルチ用のポケモンを孵化している次第。

あと、愛用のMacBookのリチウムバッテリーが信じられない程膨れ上がり、果ては本体との接合部分をブチ破って、中身がいつモロリンと漏れ出してもおかしく無いという、ベーキングパウダー急の膨らみを披露してくれましたので、流石に危険だと言うことで泣く泣くバッテリーを購入することとなりました。アップルさんから直接取り寄せて頂くと1万6000円弱という法外な値段を請求される上に、割と時間が掛かるそうなので、インターネットで8000円程度の安いヤツを買いました。それでも割といいお値段。金無い。

さて、そしてこのブログを更新した真の理由でありますが、それは、まぁあまり胸を張って言えたことでは無いのですが、明日の朝イチからテストが催されるということが遠からず関係しております。皆さんも、テスト前に部屋の片付けを初めてしまっただとか、そこで数年前の週刊少年ジャンプを発見しただとか、それを読み耽っただとか、そういった経験の一つや二つはあることと思います。つまるところの、そういうことです。よーし、今日は夜更かしするぞ〜。
プレイ日記 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stgirl.jugem.jp/trackback/123
この記事に対するトラックバック